青森

霊場恐山へのアクセス方法や営業時間について

恐山とは?

恐山(おそれざん)は下北半島の中央部に位置する活火山であり、宇曽利山湖の湖畔に恐山菩提寺があります。

古くは宇曽利山(うそりやま)と呼ばれていたそうですが、日が経ちおそれやまと呼ばれ今のおそれざんになったそうです。

この地域は日本三大霊場の一つであり、温泉も湧き出しています。

また、恐山周辺は下北半島国定公園に指定されています。霊場恐山として知られるこの地域は、観光や信仰の場として重要視されています。

霊場恐山へのアクセス

宇曽利山湖の湖畔にある恐山菩提寺は、日本三大霊場の一つであり、9世紀頃に天台宗の慈覚大師円仁によって開基されました。

本尊は延命地蔵尊であり、現在は曹洞宗の寺院となっています。恐山は死者の集まる山とされ、恐山大祭では、恐山菩提寺の境内でイタコの口寄せも行われます。

開山期間毎年5月1日~10月31日
開門時間午前6時~午後18時
入山料500円
大祭典毎年7月20日~24日
秋祭典毎年10月の第二週の三連休

むつの街から恐山までは約15キロとなっています!

  • バスだと約35分ほど
  • 車だと約20分ほど
  • タクシーを利用して約6000円前後

霊場恐山へ行った人の感想

恐山は名前もこわそう。そして霊場であった事実。なのに観光地としても人気が高い。

この世に自分ひとりしかいないような非現実世界を味わえた。自分を見つめなおすきっかけになった
何か引き寄せられて行ってしまった

少し怖い感じもしますが、何かを変えるきっかけやパワーを求めて行く観光客も多いようです。

恐山の情報

公式サイトなし
住所青森県むつ市大畑町
営業時間
料金
電話番号
駐車場はありますか?あり


近くのおすすめ観光スポット

 

error: 右クリックはできません !!