山口

阿弥陀寺があじさい寺と呼ばれる理由。

阿弥陀寺のアジサイ

阿弥陀寺(防府市)は、後白河法皇の現世で安らかに過ごして頂ける事を祈願するとともに、東大寺再建や宗教活動の拠点である7別所のひとつとして、重源上人によって1187年に建立されました。

阿弥陀寺と呼ばれる理由

今では、境内に植えられた約80種4000株もあるアジサイが咲き誇ります。

別名あじさい寺と呼ばれ県内外から訪問する人々を癒し続けています。防府の市街地からは少し距離があるのでレンタカーがおすすめ。

阿弥陀寺にあじさいが咲き誇る時期

阿弥陀寺の境内にはあじさいの見ごろや開花状況が分かる看板が設置されています。

気温などによっては多少時期がずれますが、毎年5月の第3週頃に見ごろになるとの事。

あじさいは開花してから1週間程度では枯れ始めるとも言われていますので、観光の際はタイミングを合わせる必要がありますね。

阿弥陀寺の情報

公式サイト阿弥陀寺
住所山口県防府市大字牟礼上坂本1869
営業時間9時00分~17時00分
料金無料
電話番号0835380839
駐車場はありますか?無料駐車場あり


近くのおすすめ観光スポット

error: 右クリックはできません !!